市房山

二百名山の一つ市房山の特長は、大杉と原生林です。登山口から4合目の神社までの山道にある市房杉と呼ばれる幹回り6m以上の大杉と山頂まで続く原生林は、これまで多くの人に感動と癒しを提供して来ました。
◆登山に自信のない方でも、大杉を見ることは可能です。水上村にお越しの際は、是非一度市房山を訪れて見て下さい。

◆貴重な原生林は癒しの森として2010年に森林セラピー基地の認定を受けました。
◆市房観光ホテルは市房山山麓に位置し、散策・登山後に疲れをとる
温泉もあり登山基地として最適です。また、散策・登山される方のさまざまなお手伝いをさせていただきますので是非ご活用ください。

▶登山応援プランはこちら

◆登頂ルート:登山口から徒歩で登頂するコース(全行程:6時間程度)

◆登頂ルート:車道終点から徒歩で登頂するコース(全行程:5時間程度)

◆市房山神宮参拝ルート:登山口から徒歩で参拝するコース(全行程:2時間程度)

◆市房山神宮参拝ルート:車道終点から徒歩で参拝するコース(全行程:1時間程度)

お勧めポイント

登山口→神社(4合目)

照葉樹林

 市房山の3合目付近までは、樫類を主体とした照葉樹林に覆われています。
 これまで人手の入ったことのない照葉樹の極相林は昼なお暗く、原生林特有の雰囲気をかもし出しています。

市房神社

市房登山道の途中にある市房神社は、地元では大変有名な縁結びの神です。
 この神社にお参りしたことで、良縁に恵まれた人はたくさんいます。登山の際は、是非お参りされてはいかがでしょうか?

市房大杉

 登山口から神社(4合目)までの山道に幹回り6m以上の大杉を20本見る事が出来き、その大きさには圧倒されます。 その中の代表的な杉に、平安杉、双子杉、新夫婦杉、千手観音杉 という名前が付けられました。
 市房大杉は、市房山一番のお勧めスポットです。

平安杉

双子杉

新夫婦杉

千手観音杉

眺望

 市房山は原生林に覆われているため、山道は視界がききませんが、山頂に登ると360度の眺望が楽しめます。霧島山々は勿論、天気の良い日は、遠く阿蘇や九住山も見る事ができます。
 また、山頂に突き出している岩から下を覗くと、湯山部落が地図を見ている様にはっきり見る事が出来ます。

心見の橋

 山頂から縦走路を5分ほど歩いたところにある、自然の石橋です。
 心にやましいことのある人は、この橋を渡ることが出来ないと言われています。
 この橋を渡るかどうかは自由ですが、登頂の際は是非訪れていただきたいポイントです。 

神社(4合目)→山頂

落葉樹林

 市房山の4合目から山頂にかけてはブナを主体とする落葉樹林帯となります。照葉樹林帯とは全く異なる植物相が楽しめるのも市房山の魅力の一つです。春にはツツジ類、秋には紅葉がとても美しく、登山者だけが見る事の出来る景色が広がっています。

市房大杉

ブナの新緑

市房大杉

7合目付近新緑

市房大杉

ヒカゲツツジ

市房大杉

ミツバツツジ